カーテンはへらせる!なしにした結果→レースカーテンは必要だった【ミニマリストの寝室】

スポンサーリンク

こんにちは、ミニマリスト主婦のいえは(@ieha.minimal)です。

”カーテンなし”はミニマリストの憧れではないでしょうか。

ミニマリストさんの部屋を拝見するとカーテンがない部屋をみかけます。

そこで、寝室のカーテンをやめてみました。

今回は、やめた結果をご紹介します。

スポンサーリンク
目次

寝室のカーテンをやめてみた

寝室

寝室は窓が2つあるのですが、2つともカーテンを外して1日過ごしました。

カーテンがないと落ち着かないかな?と思いましたが、開放的で気持ちよく眠れました。

ただデメリットが1つだけありました。

メリット

部屋が広く感じる

圧迫感がなくなってスッキリしました。

ホコリが舞う量がへる

カーテンを外すと咳き込むほどホコリが舞って驚きました。

いえは

布モノはホコリがたまりますね

清潔に保てる

カーテンで隠れていた窓のサッシまわりを水拭きすると、雑巾が真っ黒になるほど汚れていました。

きれいに拭いて清潔になりました。

デメリット

隣接するとなりの家に丸見え

となりの家の窓が近いので、寝室が丸見えでした。

レースカーテンは必要だった

となりの窓から丸見えだったので、レースカーテンは必要と判断しました。

こちらはよくても、相手は見たくないだろうし、気を使わせてしまうかもしれません。

マナーとしてレースカーテンはつけたほうが良さそうです。

寝室の窓は2つあるので、隣接していない窓のレースカーテンはなしにしました。

カーテンはへらせる

カーテンをなくすことはできませんでしたが、へらすことはできました。

寝室はレースカーテン1枚になりました。

カーテンは年に1、2回しか洗濯していなかったので、レースカーテン1つなら洗う頻度を増やせそうです。

より寝室が清潔になりました。

カーテンをへらそうといきなり捨ててしまうと、あとから使いたいときに買い替え費用がかかります。

捨てるには、お試し期間をつくって様子をみてからのほうがいいですよ。

リビングのカーテンを捨てて、買い直したことがありますが、いいお値段でした、、お気をつけを。

カーテンをへらして部屋もスッキリし、気分もスッキリしました。

ご参考になればうれしいです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

Instagramもお気軽にコメントやフォローいただけたらうれしいです
→ いえは|簡単にシンプルに暮らす(@ieha.minimal

応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

にほんブログ村

My Instagram▶▶ @ieha.minimal

サンキュSTYLEライターとして活動しています

サンキュSTYLE▶▶ いえはの記事

お気に入りを一覧でまとめています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる