【時短料理】手抜きを覚えるとラクになったご飯づくり

スポンサーリンク

こんにちは、ミニマリスト主婦のいえは(@ieha.minimal)です。

料理に苦手意識はありますか?

私は料理が苦手で時間がかかるので、今年の目標に料理のミニマル化を掲げています。

最近の気づきは、料理はうまく作ることを覚えるよりも、手抜きを覚えるとラクできる!ということです。

1時間以上かかっていた夕食作りが、15分で終わったご飯作りのお話です。

スポンサーリンク
目次

手抜きを覚える

時間をかけて作っていた夕食

毎日の夕食は、汁物、メイン1品、副菜2種

野菜はたっぷり摂って、肉と魚はバランス良く、和洋中から選ぶ

家族の食べたいおかずのリクエストを聞く

このことを考えながら作っていたので、毎日の夕食作りは、1時間コース。

ササッと作れることに憧れていたのですが、出来なくて、料理苦手だな〜っと思いながら、時間をかけて作っていました。

サンキュ!STYLEライターとして活動を始めてから、ライター仲間のお弁当や夕食をInstagramで見るようになって、もしかして、私って手をかけすぎなのでは?と気がついたのです。

ササッと作れるのは、料理がうまい人ができることだと思っていたのですが、うまい下手だけではなく、手を抜くところが分かっているからなのですね。

メインがご飯でもいいんだ

毎日の夕食は、汁物、メイン1品、副菜2種

野菜はたっぷり摂って、肉と魚はバランス良く、和洋中から選ぶ

家族の食べたいおかずのリクエストを聞く

これは理想だけど、毎日こうでなくてもいいと思うだけでもラクになりました。

理想をやめると、夕食作りの時間が半減!

この日は、ひじきごはんがメインの日。

今までなら、ひじきごはんに、焼き魚、煮物、おひたし、味噌汁と作っていたので、ひじきごはんをメインにするとは考えられませんでした。

作ったのは、炊き込みごはんを炊いて、レタスをちぎって、トマトを切って、卵を茹でただけ。

調理時間はたったの、15分。

手を抜くところのひとつに、作る日とラクする日のメリハリをつけられるようになりました。

思い込みを捨てるとラクになった

夫が作る休日ご飯

家族の反応は、「ひじきごはん美味しい!」と、こどもは喜んで食べてくれて、料理が得意な夫は、足りないと自分でなにか作っていました。

毎日が理想の献立でなくてもいい

毎日気合を入れて作らなくてもいい

料理はなんでもあり!

思い込みを捨てたら料理がラクになりました。

焼き芋がメインの日があってもいいかも!なんて思えるほどです。

料理を上手に作れるように頑張るのではなく、うまく手を抜くことができるようになりたいです。

Instagramもお気軽にコメントやフォローいただけたらうれしいです。
(@ieha.minimal)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
  • URLをコピーしました!
目次