ゴミ箱はいらない!キッチンのゴミ袋にそのまま捨てる方法|生ゴミの臭い対策も

スポンサーリンク

こんにちは、ミニマリスト主婦のいえは(@ieha.minimal)です。

各部屋に置いてあったゴミ箱ですが、今では1つもありません。

ゴミはどうするの?というと、キッチンに置いている45リットルの袋に直接捨てています。

ゴミ箱をやめて3年たちますが、不便に感じることはなく、むしろ快適でした。

今回は、『ゴミ箱を使わない方法』をご紹介します。

こんな疑問にお答えします

  • ゴミ箱がなくてどう捨てるの?
  • 生ゴミは臭わない?
スポンサーリンク
目次

キッチンのごみ袋にそのまま捨てる方法

キッチンのシンク下に、キャスター付きワゴンがあり、ごみ箱が置けるようになっています。

ゴミ箱は置かず、45Lサイズの市のプラスチックと燃えるごみの有料ゴミ袋を、そのまま置いています。

ゴミ出しも楽々です。

ゴミ袋は取り出しやすいように、ワゴンの横の引き出しに収納しています。

引き出しから袋を取り出して、ワゴンに置くだけなので、一瞬でセット完了です。

生ゴミは冷凍庫へ

生ゴミは、袋に捨てると臭いが気になるので、ビニール袋にいれて冷凍しています。

冷凍庫の中に、生ゴミを入れておく専用のスペースをつくりました。

ゴミ出しの日まで冷凍しておいて、ゴミ出しも日に捨てることで、生ゴミの臭い問題が解決です。

家事の手間が減る

以前は、フタ付きのゴミ箱を置いていましたが、中が汚れてカビてしまったり、汚れが底にたまったりと、清潔とはいえない状態でした。

ゴミ箱を丸洗いするのが面倒で、こまめに拭くことも手間がかかってできなかったです。

家事の手前を少しでもへらしたい一身で、まずはゴミ箱のフタをやめるところからはじめて、最終的に、「箱もやめよう!」と処分しました。

ゴミ箱がなくても困る事はなく、快適に生活しています。

ゴミ箱を手放して、家事の時短ができました。

ご参考になればうれしいです。

Instagramもお気軽にコメントやフォローいただけたらうれしいです。
(@ieha.minimal)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
  • URLをコピーしました!
目次