MENU

冷蔵庫がスッキリする救世主!バターはチューブが省スペース

スポンサーリンク

こんにちは、ミニマリスト主婦のいえは(@ieha.minimal)です。

冷蔵庫の中身は、「あれも必要かな、これもいるな」と増えがちで、気がつくと冷凍庫のスペースがいっぱいになっていました。

スッキリさせるために、場所をとらない物を選ぶようにしています。

今回は、朝ご飯のパンに塗るマーガリンを「チューブのバター」に変えたら、スペースがスッキリしたので、ご紹介します。

スポンサーリンク
目次

チューブのバター

「明治チューブでバター3/1」を使っています。

チューブ1本で、マーガリンとしてもバターとしても使えます。

使い心地は、バターとマーガリンの中間のような感じで、バターのように固くなくてやわらかいので、パンに塗りやすく、お菓子を作る時には、バターを溶かす手間が省けます。

なによりいいところは、場所をとらないところ!

以前は、マーガリンとバターの2つを持っていましたが、チューブ1つでどちらの用途にも使えるので、冷蔵庫のスペースがスッキリしました。

物と向き合うこと

パンが焼けたら、チューブをたらーっと。

たったバター1つだけれども、ひとつひとつ物と向き合っていくと、気づきがあって、減らすことができます。

マーガリンケースと、バターケースいらずで、ミニマルに省スペース化できました。

ご参考になればうれしいです。

応援ポチ♪ありがとうございます!

Instagramもお気軽にコメントやフォローいただけたらうれしいです
(@ieha.minimal)

\My Instagram/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる