【0円でできる】カーテンもシートも使わない!お風呂の窓の目隠し方法

スポンサーリンク

こんにちは、ミニマリスト主婦のいえは(@ieha.minimal)です。

お風呂の窓の目隠しはどうされていますか?

カビない、お金がかからない方法があったらな〜と考えた結果、お風呂にある”あるモノ”を使って目隠しをしています。

今回は、窓の目隠し方法をご紹介します。

いえは

わが家のお風呂に入ったお義母さんに”こんな方法があったんだ”とビックリされました

スポンサーリンク
目次

おふろのフタを使って目隠しする

おふろのフタを使います。

窓に立てると、目隠しになるんです!

\高さ、幅ピッタリ/

窓に立てかけるだけなので、簡単です。

フタの種類や窓の大きさにもよるかと思いますが、外からは見えません。

検討していた目隠し3つ

1.お風呂カーテン

お風呂カーテンを考えましたが、カビができやすそうで断念。

2.格子

格子はカビなくていいなと思いましたが、3万円以上かかります。

予算オーバーで断念。

3.目隠しシート

最終候補は目隠しシートでした。

手頃な価格で、カビもできにくそうです。

ただ、光が遮られてしまい、お風呂の中が暗くなってしまうのが気になりました。

あるものでなんとかなる

いろいろと検討しながら、ふと気がついたのがお風呂のフタでした。

ミニマリストになって”考えてからモノを買う”ようになったので、考えている間に、買わなくてすむ方法を見つけることができました。

立てかけてあるだけなので、子どもがもたれないように気をつけて見守る必要はありますが、モノを増やさずに目隠しができました。

ご参考になればうれしいです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

Instagramもお気軽にコメントやフォローいただけたらうれしいです。
(@ieha.minimal)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
  • URLをコピーしました!
目次