MENU

リビングをスッキリ空間にするためにやめた3つのこと【掲載公開】

スポンサーリンク

こんにちは、ミニマリスト主婦のいえは(@ieha.minimal)です。

サンキュ!STYLEの記事を更新しました。

今回のテーマは

『リビングをスッキリ空間にするためにやめた3つのこと』です。

お読みいただいたあと、[いいね♡]ボタンをクリックしていただけると励みになります。

スポンサーリンク
目次

リビングをスッキリ空間にしたい

ミニマリストを目指して部屋を整えていくと、なにもない空間が落ち着くようになりました。

リビングの理想は、”視界に入るモノがなにもない、くつろげる椅子が1脚だけ”そんな空間です。

しかし、リビングは家族が集まるところなので、”なにもない”はできません。

家族と折り合いをつけて、モノをへらしました。

モノをへらして思うこと

モノが少ないと、空間に余白がうまれます。

余白は心のゆとりをうみます。

棚やボックスでスキマを埋めて、壁や床が見えないくらいモノであふれた部屋は心を窮屈にします。

ミニマリストになる前のわが家のリビングは、カラーボックスをずらっと並べていて、落ち着きませんでした。

実家に帰ると、壁一面に敷き詰められた飾り棚に圧倒されて、視界だけでなく、心まで圧迫されます。

心がギュウギュウ詰めにならないように、余白を作ります。

モノをへらして、余白をたっぷりとつくったリビングは、心が落ち着きます。

サンキュSTYLEは、主婦の暮らしのアイディアがたくさん公開されています。

ぜひ、ご覧になってみてください。

応援ポチ♪ありがとうございます!

Instagramもお気軽にコメントやフォローいただけたらうれしいです
(@ieha.minimal)

\My Instagram/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる