MENU

頑張らずに休む!子どもと夫に伝えている3つのこと

スポンサーリンク

こんにちは、ミニマリスト主婦のいえは(@ieha.minimal)です。

悲しいニュースを目にして、心が痛んでいます。

人の考え方は人それぞれだと思っているので、これが正解だとか、こうあるべきだと、自分の考えを押し付けないように気をつけて生活しています。

家族であっても、子どもであっても、相手を尊重して、否定しないようにしています。

しかし、夫と子どもにいつも言っていることが3つだけあります。

スポンサーリンク
目次

1.頑張らなくていい

「頑張ってね」は言いません。

むしろ、「頑張らなくていいよ〜、ムリすることないよ」と伝えています。

言わなくても、十分頑張っていると思うのです。

生きてるだけで、頑張ってるじゃないか!と思うくらいです。

幼稚園から帰ってくる息子は、たまに疲れているときがあって、きっと頑張ってきたんだろうなと思うと、「お疲れ様」と声をかけるようにしています。

音楽会があった日は、緊張する〜という息子に、「頑張ってね」ではなく、絵本で読んだバナナくんの話しを聞かせて、「イモやカボチャだと思ったら?」と言うと、笑っていました。

「頑張ってね」と励ますことはないけど、「頑張っててすごいね」と声をかけることはあります。

頑張りを認めてもらえると、今自分は頑張ってる、これ以上頑張らなくていいんだなと思えるのではないかな〜と、これまた勝手に思っています。

2.やめていい

なにかを始めるより、やめることのほうが難しいです。

仕事を辞めるとなると、人の目や、世間体、職場の人に迷惑かけるかな、、と色々考えます。

長年、歯科医院で働いてきたのですが、20代の頃勤めていた歯科医院は自分に合いませんでした。

今ならすぐにやめますが、当時は、やめたら履歴書に傷がつくとか、職場を何度も変えるのは世間体がよくない、と勝手に思い込み、我慢して働き続けていました。

やめることは勇気がいります

子どもは、自分が習いたいと言った体操教室とピアノを始めたのですが、体操教室はやめたいというので、あっさり辞めました。

続けるのは、自分が本気でやりたい!と思うことだけで、後はやめてもいいと伝えています。

夫には、仕事が嫌なら辞めていいよと伝えています。

(信頼しているからこそ言えるのですが)

心が病むまでつらい仕事を毎日我慢する必要はないです。

簡単には辞められないけど、”やめてもいいんだな”と心のどこかで思えるだけでもラクになることはあると思います。

いえは

夫が仕事を辞めたら、私が働けばいいと本気で思っています

3.休んでいい

休む”もなかなかできないことではないでしょうか?

人は責任感から、身体と心は疲れているのに、頑張りすぎてしまうことがあります。

疲れたときは休めばいいし、疲れる前に休んだ方がいいです。

行きたくなければ行かなければいい。

子どもは幼稚園に行きたくないという日があって、そんな日は幼稚園を休ませて、2人でランチに行きます。

息子なりに行きたくない理由があるので、ムリに行かせません。

たまにはいいよね〜なんて言って、2人で気楽に過ごします。

休むことは、自分を守るために大切だと思います。

頑張らずに休む

頑張るってなんだろうと思って意味を調べると、

忍耐して、努力しとおす。気張る。

グーグル日本語辞書 Oxford Languages

とでてきました。

幼稚園に毎日通っていることが、もうすでに頑張っている。

毎日生きていることがもうすでに頑張っている。

もう十分、忍耐して、努力しとおしています。

頑張るより、休む

そんな気持ちを込めて、『頑張らなくていい・やめていい・休んでいい』と伝えています。

最後までご覧いただきありがとうございます。

とってもはずかしがりやで、みんなの前で歌が歌えないバナナくん。

串カツさんと練習して、発表会を迎えると、驚きの展開が!

恥ずかしがりやの息子にピッタリな絵本でした♡

応援ポチ♪ありがとうございます!

Instagramもお気軽にコメントやフォローいただけたらうれしいです
(@ieha.minimal)

\My Instagram/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる