MENU

【片付く】リモコンは立てる収納!家族みんなが元に戻せるポイント

スポンサーリンク

こんにちは、ミニマリスト主婦のいえは(@ieha.minimal)です。

リモコン収納のお悩みはありませんか?

どこにいった?といつも探している、定位置を決めても家族が元の位置に戻してくれない…と悩んでいたのですが、立てる収納に変えると、夫も子どもが元に戻してくれるようになり、リモコンの悩みが解決できました。

今回は、取り出しやすくて戻しやすい「リモコン収納」についてご紹介します。

スポンサーリンク
目次

リモコンは立てる収納

仕切りのあるボックスに、立てて収納しています。

TV、エアコン、スピーカー、DVDレコーダーの4つのリモコンをいれていますが、仕切りひとつにつき、リモコン1つです。

1つにすることで、リモコンが重ならず取り出しやすいです。

無印の「ポリプロピレンメイクボックス・仕切付」を使っているのですが、廃盤になってしまい、残念ながら今は販売していません。

100円ショップに、同じような仕切りのボックスを見つけましたが、サイズが小さめかもしれないので、リモコンが入るか確認が必要です。

メリットは「取り出しやすい&戻しやすい」

ダイニング収納の一角

ワンアクションで取り出せるところがメリットです。

引き出しの中に収納していたこともありましたが、引き出しを開けるひと手間が面倒でした。

立てる収納にすると、なにも考えずに、サッと取り出し、戻すときは入れるだけなので簡単です。

目線の高さに置くこともポイントです。

かがんだりする動作すら省いてしまいます。

家族みんなが使いやすい

リモコンの定位置は目線の高さにして、ワンアクションで取り出しをできるようにしたら、家族みんなが元の位置に戻すようになりました。

自分が面倒だな〜と思うことは、夫や子どもも面倒に感じるのかなと思います。

家族で使うモノは”家族みんなが使いやすい収納”を考えます。

そして、省ける手間は最大限に省きます。

リモコン収納のご参考になればうれしいです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

応援ポチ♪ありがとうございます!

Instagramもお気軽にコメントやフォローいただけたらうれしいです
(@ieha.minimal)

\My Instagram/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる