[ミニマリストの家]洗面所編|収納棚ゼロ!TOTOのオクトーブ

スポンサーリンク

ミニマリストになる前に家を建てました。デザイナーさんに間取りや内装をお願いしたので、デザイナーさんのこだわりが詰まったつくりになっています。

  • デザイナーのこだわり
  • ここは良かった
  • 今ならこうする

と思うところを各部屋ご紹介します。

今回は、洗面所編です。

スポンサーリンク
目次

デザイナーのこだわり

正面から見た洗面所

洗濯機の置き場所

洗濯機は扉を開いてパッと目の前に見えない様に、洗濯機置き場をつくりました。

いえは

ブラインドやカーテンをつければ、洗濯機を隠せるようになっています。

家電は隠すことで、一気に生活感のないスッキリとした空間になります。

床材

1階のキッチン、リビング、トイレ、洗面所は全て同じ材質のフローリングで統一しています。ワンフロアの様な繋がりになり、広く見えて、落ち着いた雰囲気になります。

床材をそろえると、統一感アップ!

これは良かった

TOTOのオクターブです。

洗面台のミラーキャビネットを取り付けなかった

窓をつけたいということで、ミラーキャビネットを取り付けませんでした。

朝は日が差し込むので明るく、埃が溜まりやすいミラーキャビネットの掃除の手間が無くなったのでよかったです。

いえは

ものを減らしたことで、キャビネット収納がなくても、スッキリ収まります。

▽洗面所収納はこちら▽

体重計収納

オプションで体重計収納をつけました。収納場所に困らず、さっと引き出しを開けるだけで使えるので便利です。

今ならこうする

ガス式衣類乾燥機をつければ良かった

洗濯を干す手間が減らせれたらどれだけいいだろうか!と今なら切実に思います。

ドラム式の乾燥ができる洗濯機がありますが、割高です。初めから乾燥機をつけておけばよかったなと思いました。

いえは

ドラム式洗濯機と同じ位の値段で幹太くんを設置することができます。ガス工事抜きだと、15万円ほどでできます。

洗濯機の上に、配電盤ボックスがあります。

乾燥機を置くには、排気ダストを設置するために、壁や天井に穴をあけることになるので、家を建てる段階で工事しておくのがオススメです。

まとめ

洗面所は、キャビネットや収納棚がなくても不便に感じることなく、快適に暮らしています。

掃除がしやすいように、洗面所で使うものだけを厳選し、ものを減らして、床や棚にものを置かないようにしています。

ミラーはコンパクトですが、さっと拭くだけで掃除がおわるので、水垢知らずです^^

家作りのご参考なれば嬉しいです。

最後までご覧頂きありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる