ミニマリストとは?が分かるおすすめの本2選|本を読んでからの変化

スポンサーリンク

ミニマリストに憧れ、ミニマリスト、片付け、捨て関連の本をたくさん読みました。

すてきな本ばかりなのですが、特に印象に残った2冊をご紹介します。

スポンサーリンク
目次

わたしのウチには、なんにもない。

「物を捨てたい病」を発症し、「捨て」の道を極めていくお話しです。

この本をはじめて読んだときは衝撃でした!

ミニマリストを知った本であり、ミニマリストを目指すきっかけとなった一冊です。

ゆるりまいさんのご自宅が載っているのですが、部屋から小物ひとつにしても徹底的に整えられていて、何一つ無駄のないスッキリとした空間を作り上げられています。

こんなに整えることができるんだ!と驚きました。

片付けの概念が覆される一冊です。

ミニマリストという生き方 

ミニマリストを目指していたのですが、なにが正解なのか?どうすればミニマリストになれるのか?分かりませんでした。

どこまで物を捨てればいいの?全てをお気に入りのものに買い替えればいいの?疑問は尽きませんでした。

本を読んで、影響を受けたことを実践して、というのを繰り返していたので、本を読む度、家の中がコロコロ変わっていました。

そんな時出会ったのが、辰巳渚さんの「ミニマリストという生き方」です。

この本には、5人のミニマリストの方の考え方や暮らしが載っているのですが、それぞれ違うんです。

ミニマリストとは?幸せとは?豊かに生きるとはどういうことか?という質問に対して、それぞれの考えがありました。

私は、「ものを持たない生活」ばかりに目を向けていて、自分や家族の暮らし方、生き方を考えていなかったことに気付かされました。

この本をきっかけに、ミニマリスト=捨てる。ではなくなり、目指すところが変わりました。

ミニマリストを宣言したけど、ゴールがわからない!という方におすすめです。

本との出会いで人生が変わります。

これからも素敵な本にたくさん出会いたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる