MENU

子どもを守る!普段の備えに追加したホイッスル【掲載公開】《ミニマリストの防災》

スポンサーリンク

こんにちは、ミニマリスト主婦のいえは(@ieha.minimal)です。

3月11日に防災グッズを見直された方も多いのではないでしょうか。

いつ起きるかわからない災害、備えは大切ですよね。

自分だけでなく、子どもを守るために、普段の持ち歩き用に追加した「ホイッスル」をご紹介します。

サンキュ!公式サイトにも掲載していただきました。

スポンサーリンク
目次

Seriaのホイッスル

Seriaの「緊急用呼子笛」で、税込み110円です。

キークリップにつけて、鍵と一緒に持ち歩きます。

クルクルと本体を回すと、中にメモ用紙が入れられるようになっているので、電話番号など情報を書いておくと、もしもの時に役に立ちます。

付属のメモ用紙がついています。

デメリットは、音が小さいことと、子どもが吹きにくいところです。

吹き出し口をふさいでしまうと音がでないので、5歳の息子でも穴をふさいでしまって音がでないことがあります。

子どもには吹きやすい笛がいいかな〜と、他のホイッスルも検討中です。

子どもを守るためにホイッスルを追加した理由

ホイッスルを追加した理由は2つです。

1つ目は、居場所を知らせるため

ホイッスルは、自分の居場所を知らせて助けを求めるために使いますが、子どもと離れ離れになってしまった時の合図としても使えます。

普段から子どもとホイッスルを使って、音を覚えておくと、「ここにいるよ〜」という合図として使えます。

2つ目は、自分になにかあったときのため

自分にもしものことがあったときに、子どもはどうすればいいのか分からなくて困ってしまうと思うので、子どもが助けを求めるときに使えます。

子どもには、「なにか困ったことや助けが必要な時はホイッスルを大きな音で鳴らすんだよ、鳴らせば誰か助けに来てくれるから大丈夫だよ」と伝えています。

普段から備える

子ども用防災リュック

子どもには、鍵にホイッスルがついていることを教えて、ホイッスルの吹き方を練習しておきました。


子ども用の防災リュックにも同じホイッスルを付けています。

大人でも災害時はパニックになってしまいそうなので、子どもがいつもと違うことを災害時にやるのは難しいと思います。

防災グッズは、”普段から子どもに伝えること”と、”使い慣れておくこと”を意識しています。

ご参考になればうれしいです。

サンキュ!公式サイト掲載!

応援ポチ♪ありがとうございます!

Instagramもお気軽にコメントやフォローいただけたらうれしいです
(@ieha.minimal)

\My Instagram/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる