秒で片付くリビングをつくる[結論]モノを置かない

スポンサーリンク

こんにちは、いえは(@ieha.minimal)です。

リビングはなるべくモノを置かないようにしています。

理由は、片付けが簡単だからです。

散らかりやすいリビングですが、モノをへらしたことで、数秒で片付くようになりました。

今回は、片付くリビングのつくりかたをご紹介します。

スポンサーリンク
目次

片付くリビングのつくりかた

今のリビング

1.インテリア関係(飾りモノ)は置かない

観葉植物や、飾りモノは置いていません。

ホコリがたまるのでやめました。

オシャレより片付けのしやすさを重視して、オシャレな部屋はInstagramや雑誌をみて楽しんで満足しています。

2.散らかりやすいおもちゃはおもちゃコーナーにまとめる

リビングの一角をおもちゃコーナーに

おもちゃコーナーを1箇所つくります。

床におもちゃが落ちていたら、おもちゃコーナーに戻します。

いえは

おもちゃコーナーの中は散らかっていても気にしません。

床におもちゃを置きっぱなしにしなければOKとしています。

ミニマリスト初期のリビング

以前はこんな感じでズラッとカラーボックスを並べていて、おもちゃが増えるごとにボックスを増やしていました。

いえは

リビングのまわりをカラーボックスとおもちゃで囲んでいる状態でした。

なるべく視界に入らない位置に移動して、カラーボックスの数をへらしました。

視界をスッキリさせたことで、常にこの状態にしておきたい!と思うようになり、片付いた状態をキープできるようになりました。

まとめ

リビングに置いているのは、置き時計、一人掛けのソファー、カラーボックスの3つです。

モノが多いとモノを動かしてそうじをしたり、ホコリがたまってそうじをする箇所が増えます。

モノをへらすだけで、そうじが楽になり、片付くリビングになりました。

今では、床に落ちているモノを元の位置に戻すだけなので、数秒で片付けがおわります。

ご参考になればうれしいです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

Instagramもお気軽にコメントやフォローいただけたらうれしいです
→ いえは|簡単にシンプルに暮らす(@ieha.minimal)

こどものおもちゃ関連記事

サンキュ!STYLE 〈記事更新しました〉

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる