MENU

【無印】見せる収納で書類をためない!園のお便り、郵便物の収納方法

スポンサーリンク

こんにちは、ミニマリスト主婦のいえは(@ieha.minimal)です。

書類の収納方法、迷いませんか?

気がつくと、引き出しに用紙がたまっていて、必要な時に見たい用紙が見つかりませんでした。

そこで、しまう収納から見せる収納に変えると、ためこまなくなり、用紙の管理がらくになりました。

今回は、アナログな方法ですが、書類をためこまなくなる「園のお便りや郵便物の収納方法」をご紹介します。

スポンサーリンク
目次

クリップにまとめてかける収納

後から見返す予定のある書類はクリップにまとめて、ダイニング収納の扉のフックにかけて保管しています。

フックは、100円ショップの物。

クリップは、無印良品の「ステンレスひっかけるワイヤークリップです。

クリップが固くなくて挟みやすく、たくさんの枚数でも落ちないです。

どこにでも引っ掛けられるので、便利です。

上のタイプのクリップは開く時にグッと力が必要で、幅が狭い分、挟みづらいです。

ちょっとの差ですが、同じクリップでも物によって使い心地が違います。


【無印良品 公式】 ステンレスひっかけるワイヤークリップ 4個入

見せる収納がポイント

ためないポイントは、見えることです!

  • 見たい時にサッと見られる
  • ためこんでいないかひと目でわかる

この2つがポイントです。

しまい込んでしまうと、見たい時にしまった場所から取り出すひと手間が面倒です。

以前は引き出しにしまっていたのですが、期限が終わった書類もどんどんとたまっていって、その中から見たいお便りを探し出すが大変でした。

いつでも見られるところにかけて置くことで、サッと見られます。

フックにかけているお便りに厚みがでると、「捨てる合図だな」とわかって、整理します。

月のお便りや行事の詳細のお便りなど、月が終わったら、行事が終わったら、その都度捨てられるようになりました。

暮らしやすい収納

すぐに捨てたいけど、捨てられない書類や郵便物ってありますよね。

  1. 見返す予定がないもの→捨てる
  2. よく見る&短期間必要なもの→クリップにとめて見えるように
  3. 見返さないけど保管が必要なもの→引き出しへ

ざっくりと3つに分けて書類の管理をしています。

収納は、暮らしやすいように、暮らしがスムーズなるように、考えています。

ご参考になればうれしいです。

応援ポチ♪ありがとうございます!

Instagramもお気軽にコメントやフォローいただけたらうれしいです
(@ieha.minimal)

\My Instagram/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる