MENU

【簡単】お風呂のゴムパッキンにはコレ!カビキラージェルタイプのカビ取り方法

スポンサーリンク
  • お風呂のゴムパッキンのカビがとれない
  • カビ取りはどうやるの?
  • おすすめのカビ取り剤は?

こんにちは、ミニマリスト主婦のいえは(@ieha.minimal)です。

梅雨の威力はすごいですね。

お風呂のゴムパッキンがカビてきたな〜と思ったら、あっという間に真っ黒に!

そこで、いつも使っているカビキラーでカビ取りをしました。

今回は、お風呂のゴムパッキンのカビ取り方法をご紹介します。

いえは

流すだけで簡単です

スポンサーリンク
目次

お風呂のゴムパッキンのカビ取り方法

カビ取りに使うのは『ゴムパッキン用カビキラー です。

どろっとしたジェルタイプになっています。

カビで真っ黒になったゴムパッキンにジェルをブチューと塗っていきます。

ポイントは、たっぷり使うことです。

カビを覆うようにあつめにパッキンにのせて、1回塗ったら、塗った上にさらに重ねてもう1度塗っています。

浴槽のパッキンにも塗り塗り、、。

15分から30分おきます。

30分後シャワーで流したらカビ取り完了です。

水で流すだけで落ちますが、頑固で落ちなかったところはゴシゴシこすって落とします。

ビフォー・アフター

Before

こすってもおちないほど、真っ黒です、、汗。

after

真っ白になりました〜!

ゴムパッキン用カビキラー

カビを放置しすぎないで、黒くなってきたらカビ取りをするようにしていて、1年に2回はやっているかなと思います。

カビキラーは目に入ると危険で、残しておいて、もしも子どもが触ってしまったら危ないので、1回で使い切って捨てるようにしています。

ジェルタイプは1回分にちょうどいい量です。

簡単にできるのでぜひ試してみてください。

ご参考になればうれしいです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

Instagramもお気軽にコメントやフォローいただけたらうれしいです。
(@ieha.minimal)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
  • URLをコピーしました!
目次