ミニマリストの洗面所にないもの5選|洗面所収納も公開!

スポンサーリンク

こんにちは、ミニマリスト主婦のいえは(@ieha.minimal)です。

水回りは放っておくとすぐに汚れがたまってしまいますよね。

ものを減らすことで簡単にきれいを保つことができますよ。

具体的な方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク
目次

洗面所でへらしたもの5選

ものをへらすことで、そうじが簡単になります。

1.洗面台のミラーキャビネット

注文住宅なので、家を建てる際取り付けませんでした。

キャビネットの中はヌメリや髪の毛、大きな鏡は水アカがついたりとそうじが大変です。

鏡はささっと拭くことができる小さいものを使っています。

2.バスマット

フェイスタオルで代用します。

床にフェイスタオルを敷いて、使い終わったら洗濯カゴに入れます。

3.バスタオル

フェイスタオルで全身拭きます。

バスタオルに比べて収納場所がコンパクトになります。

4.洗濯ラック

お風呂のときに、パジャマや下着を持っていくので、棚やボックス、洗濯ラックは置きません。

洗濯カゴは洗濯機の上にそのまま置いています。

5.歯ブラシホルダー

ホルダーはすぐヌメリがでて、掃除の手間がかかるのでやめました。

吊るす収納にしたら、乾きも良く、快適でした。

詳しくはこちら↓

洗面所収納公開

上段→ティッシュペーパー

下段→ドライヤー

ドライヤーはボックスごと取り出して使います。

コードは巻きつけたり、結んだらせず、そのままカゴにバサッと入れます。

上段→よく使うものたち

定位置化しています。

下段→フェイスタオル、ストック類

フェイスタオルは統一感をだすため、同じものでそろえています。

ストックは、一つ出したら一つ入れる「1OUT1IN方式」にして、ものが増えないようにしています。

最後に

引き出しに収納するのは、お風呂と洗面所で使うものだけにしています。

出し入れが多い引き出しの中は、定位置を決めておくと、散らかりにくくなります。

いつも同じ場所から出し入れしていると、体が覚えて自然と同じところへいれるようになりました。

あって当たり前だと思っているものが、意外となくても平気だったりします。

ひとつひとつ試しながらへらしていき、今の状態になりました。

ご参考になればうれしいです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

Instagramもお気軽にコメントやフォローいただけたらうれしいです
→ いえは|簡単にシンプルに暮らす(@ieha.minimal

サンキュ!STYLEライターとして活動しています

↓ 応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる